2021年の学会発表予定

今年度の口頭発表の中で、HPに掲載されたものについてお知らせします。

(1)中部地区英語教育学会第50回記念愛知大会にて、永倉由里先生(常葉大学)と南侑樹先生(神戶市立工業高等専門学校)と共同で「実践共有コミュニティに関する調査から読み取れる英語教育の現状とニーズ」という題目で発表させていただきます。

https://www.celes.info/aichi2020/

(2)外国語教育メディア学会(LET)第60回全国研究大会にて「英語教師のための実践研究法ワークショップ」というタイトルでワークショップを担当させていただきます。貴重な機会をいただき深く感謝いたします。実践研究について具体例やクイズを用いながら理解を深めていただけるように努めたいと思います。

https://www.j-let.org/let2021/

口頭発表は1年ぶりでちょっと緊張しますが、皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

実践研究入門講座が開催されます。

英語教師のための実践研究コミュニティ」ページにて、実践研究入門講座開催のお知らせが記載されています。田中武夫先生(山梨大学)、髙木亜希子先生(青山学院大学)をはじめとする実践研究の経験があるメンバーが講師となり、実践研究の全体像や意義について理解を深めたり、継続可能な実践研究のあり方のヒントなどをシェアしたりする場にできればと思っております。オンラインで開催されますので、気軽にご参加いただければ幸いです。

詳細は以下をご覧いただければと思います。たくさんの方のご参加をお待ちしています。

実践研究コミュニティのページが開設されました

以下の科研のプロジェクトの一環として、実践研究に関する情報を広く発信するウェブサイトを立ち上げました。

ウェブサイトは科研メンバーで運営をしております。これから定期的に更新し、実践研究について一緒に考える仲間が増えていけばと思っています。

研究課題:英語教師の成長を促す実践共有コミュニティ構築プロセスの解明
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-20K02833/
研究課題/領域番号:20K02833
研究種目:基盤研究(C)
研究代表者:髙木亜希子(青山学院大)
研究分担者:酒井英樹(信州大),滝沢雄一(金沢大),田中武夫(山梨大),永倉由里(常葉大),藤田卓郎(福井高専),南 侑樹(神戸高専)